ツアーナースってなに?業務内容やお給料まで徹底調査!

ツアーナース4
看護師の仕事は病院や介護施設などの勤務だけではありません。看護師は様々な分野において必要とされており、旅行に関する分野においても需要があります。旅行にはたくさんの人が参加するため、参加者の健康管理を行なう人が必要になります。それがツアーナースという仕事です。ツアーナースを行なうためには医療的な知識はもちろんのこと、もしものときに適切な処置が行なえることが必要になります。そのため、看護師免許を持っている人が採用されるのです。この仕事のいいところは短期間でまとまったお金を稼ぐことが出来るということです。旅行によっては1週間以上の仕事もあり、一日に1万円以上の報酬が期待できるため一回の仕事で10万円を超える仕事を見つけることも不可能ではありません。最近では海外旅行へのツアーナースの募集も行なわれることがあるため、特別な手当てなどがつくことで高収入を得ることが可能です。

 

ではツアーナースの業務内容について詳しく説明します。業務内容は参加者の健康管理を行なうことです。事前に参加者の健康状態などについて把握しておき、持病などがある人がいる場合には無理が無いように配慮を行ないます。また、旅行中に体調をくずす人もいるため症状が悪化することが無いように処置を行なったり、必要な場合には現地での医療施設の利用も考えます。感染症を発症した場合には、病気が他の参加者にうつることが無いようにすることも必要です。また最近では障害者や高齢者が参加する旅行に同行する仕事も多く、その場合には車椅子を押して介助したり、旅行中の排泄や入浴などの介助をまかされることもあります。ツアーナースの仕事の多くは単発の仕事のため、看護師の仕事をやめて家事を行なっている人や、病院で働いている人でも休日に副業として行うことができるということです。

 

旅行の内容は様々なため、日帰りの旅行などであれば病院勤務している人でも本業に大きな負担がかかることは少ないでしょう。病院に勤務している看護師の人の中には、気分転換としてこの仕事を行っている人が多くいます。参加者に問題がなければ一緒に旅行を楽しむことも出来ますし、病気の人ばかりが入院している病院とは違って基本的に健康は人を相手にする仕事のため、様々な人とコミュニケーションをとることができ楽しいという意見が多いです。また、主婦の人でも子供がある程度大きくなったことで時間を作ることができるようになり、この仕事を始めるという人が多くいます。